ぽるんがさんは、キャスターとして有名なゲーマーの1人です。

キャスターとは司会、解説を行う者の意として使われることが多く、昔に比べて、現代のゲームは規模が大きくなっているため、ぽるんがさんのようなキャスターが増えてきました。というのも、今では日本であってもe-sportsを意識するようになってきたからです。

ゲームについて詳しくない人のため、過去と現在で、ゲームのなにが変わったのかを説明すると、過去はコンシューマーゲームと呼ばれるゲーム機を使用し、オンラインサービスを通じて、世界中のプレイヤーで戦ったり、協力してゲームを進めることができました。ですが、今では世界中でゲーム大会が開催されているほど、e-sportsにのめり込んでしまうプレイヤーが増えているのです。

e-sportsとは、ゲームを用いたスポーツだと思ってください。レギュレーションが存在する大会に参加し、個人戦、団体戦で優勝すると、優勝賞金がもらえる仕組みになっています。

また、このような大会の中で注目される人物が、プロゲーマー、そしてキャスターなのです。プロゲーマーとは、プロゲーマーライセンスの保有者で、今でも、ウメハラ選手、ときど選手といったプロ格闘ゲーマーの名が知られています。

キャスターについても、ぽるんがさんのように、専門的にキャスターとして活動されている人もいますし、また、ゲームという現在は知名度がそれほど高くない分野のため、今後の活動が期待されている一面があるのです。というのも、日本は最近になってe-sportsを知ることとなりました。

日本は海外と比べて、もの作りが盛んな国と言われているのですが、e-sportsに関しては遅れているのです。というのも、国内では賞金付きゲーム大会がまったく開催されていません。

そのため、プロゲーマー、キャスターについても最近になって知名度が上がってきたところなのです。また、ゲーム大会でキャスターが活躍する理由ですが、ゲームの解説そのものが大変だからです。

過去のゲーム大会であれば、ゲームに慣れている人物が解説を行うだけで、キャスターとしてのトーク力などは、それほど要求されることがありませんでした。というのも、大会そのものがマイナーであったり、そこそこの人気で終わるケースが多かったからです。

しかし、海外では優勝賞金が1億円を超えるものもありますし、なによりプロゲーマー、キャスターが充実しているため、ゲーム大会の進行がスムーズであったりします。そのため、近年になって日本のゲームメーカーも、プロゲーマーライセンスの発行、キャスターの雇用を意識することが増えてきたのです。

補足となりますが、ぽるんがさんの「ぽるんが」とは、アニメ「ドラゴンボール」に登場する神龍が元となっています。ぽるんがは、ナメック星で登場する神龍で、地球で登場した神龍「シェンロン」ではありません。

また、ぽるんがさんはシャドウバースのキャスターとしても有名です。シャドウバースは、世界中に多くのプレイヤーがいるカードゲームの1種で、ターンごとにカードを配置して、敵のライフを削るというユニークなシステムが採用されています。