百地(ももち)選手は、日本人プロゲーマーとして、今も活動を続けているプロゲーマーの1人です。

プロゲーマーは、プロスポーツ選手とは違い、マネージャーのような人物、もしくは、事務所が存在しない状況で活動を始めることが多いです。これは、ももち選手も同じであったため、プロゲーマーとしての契約を交わすまでに、色々と苦労をしたという話が多く存在します。

ももち選手は、北米プロゲーム団体に所属しているプロゲーマーの1人です。チームの名称はEvilGeniusesで、通称はTeamEGなのですが、世界最大級の団体としても有名です。

また、国内のプロゲーム団体に所属していないのは、国内では、e-sportsそのものが活発化していないからです。現在は、各ゲームメーカーがe-sports普及のため、大会などを開催してはいるのですが、日本人プロゲーマーだけで構成された団体、組織というのは、数そのものが少ない状況となっています。

ももち選手は、プロ格闘ゲーマーとして人気の人物で、ウルトラストリートファイターⅣ公式世界大会に出場、そして優勝されているプロゲーマーです。日本の有名な格闘ゲーマーの中には、ウメハラ選手、ときど選手も含まれるのですが、最近になって、ウルトラストリートファイターⅣ、もしくはストリートファイターⅤで有名になる選手が増えてきました。

というのも、昔に比べてプロゲーマーという存在そのものが、多くの人に知られるようになってきたからです。その影響もあり、今ではオンラインを通じて配信を行っているプロゲーマーもいますし、相変わらず格闘ゲームの人気も高い状況が続いています。

このような人気の支えになっているのが、ももち選手のような格闘ゲーム界の有名人たちでしょう。プロスポーツ選手とは違い、格闘ゲームの世界では、年齢以外を評価してもらえる基盤が存在します。

若い選手が増えているだけでなく、各メディアを通じて名を売り込んでいる人もいますし、ももち選手のように、facebook(フェイスブック)を通じて、知名度を押し上げることに成功した人も増えてきました。ももち選手の場合、facebookを通じてTeamEGとのつながりを獲得し、今日のような活躍を見せている状況なのです。

また、現代においてはゲーマー同士の交流が盛んになってきました。ももち選手も、プロゲーマー同士で交流を行うことが多く、その際には、外出を通してゲーム以外の交流を行うことも多いのです。

プロゲーマーという職業のため、プロゲーマーは、ゲームばかりしているイメージも存在するのですが、近年では、ももち選手のような個性的な人物が多いだけでなく、気さくな人付き合いを行える人が多いことも、世間的に知れ渡るようになってきました。このような背景があるため、世間からも評価されやすくなったという一面があります。

国内では、大会で優勝した際にプロゲーマーライセンスを発行することもあります。それほど、現在はプロゲーマー育成に励んでいる企業も増えているのですが、これは、これから先e-sportsがオリンピック種目になる、そのような可能性を秘めているからです。

オリンピック種目の選別については、現在も検討中となっていますが、このような躍進が図れた際は、世界的に、日本のe-sportsが活気を得るかもしれません。