竹内ジョン選手の竹内は本名から、そして、ジョンは学生時代のあだ名となっています。

近年では、竹内ジョン選手のようなイケメンゲーマーが増えてきました。というのも、国内でもe-sportsの実態が知れ渡るようになってきたからです。

ゲームというと、陰気なムードで行われているイメージが強く、そのため、明るく活発な人はゲームをしていないのではという偏見が、現代であっても根強く残っています。つまりイメージが良くありません。

そのため、最近になってゲームメーカーでも、このムードを払拭するキャンペーンであり、プロゲーマーとの契約を急ぐようになってきました。というのも、前述のとおりで竹内ジョン選手のようなイケメンが多く存在するからです。

実際に、イケメンゲーマーの中にはウメハラ選手のように、海外でレジェンドとして扱われているゲームプレイヤーもいます。国内では、ゲームに対しての偏見が著しいだけで、世界では、スター選手がいてもおかしくない、イケメン選手がいるのも当然という風向きなのです。

竹内ジョン選手の場合、ジョンというあだ名を付けられるだけに、ハーフのような見た目のため、すぐにイケメンゲーマーとして注目を集めるようになりました。また、実力も高いためゲーマーとしての活動、経歴も高く評価されています。

竹内ジョン選手は、ストリートファイターⅤのラシード使いとして有名で、しかも、若手のプロゲーマーと肩を並べるほど、ゲーム大会の実績も悪くありません。近年のゲーム大会ではチーム戦なども目立ってきているため、後進の成長を考え、意図的に育成を行っているゲーマーのプロデューサーまで存在します。

竹内ジョン選手以外では、ナウマン、立川選手らも高い腕前を持つプレイヤーとして知られており、段々と若手が知られることによって、e-sportsの発達も、目覚ましくなってきたという評価も増えています。それだけ、日本はe-sportsにおいて後進国として有名なのです。

30代以降のベテランゲーマーは多く存在するのですが、20代といった若い世代はどうなのか、そのことについて疑問、不安を感じる人、もしくはゲームメーカーがいる状況でした。ですが、竹内ジョン選手らは海外でも活躍されているプレイヤーで、海外では特に知名度を上げている状況なのです。

近年では、「r/Kappa」から支援を受ける形で、海外大会に参加することもありました。海外大会によっては、著名なゲームプレイヤーを招待するケースが多く、招待されるということは、プロゲーマーとしての実力を評価されているといっても過言ではないのです。

竹内ジョン選手は2016年9月5日に、プエルトリコで開催された「FirstAttack2016」の海外大会に初出場しました。しかし、竹内ジョン選手は「ChrisTatarian、GO1」といった強豪を破る形で、ゲーム大会で優勝するといった大きな成果を上げてくれたのです。

このようにルックス、実力ともに評価されている竹内ジョン選手ですが、勝利時にお得意のラシードポーズを取ることでも有名です。タレント性も十分なため、竹内ジョン選手の活躍には、国内、海外に関係なく、益々の期待が集まっている状況となっています。